NetflixのDeath Noteを見た感想

※ネタバレあります

 

 

 

www.youtube.com

  Netflixで配信されたDeath Noteを見ました。面白かった点や少し違うと感じた点など感想を書いていきます。あらすじはネタバレになるのでここには敢えて書きませんが気になる方は上記のティザーを見てみるといいと思います。

 

感想

 感想ですがまず最初にこれは原作とは別の作品だと感じました。原作と違う作品としては大筋楽しめましたが、原作が好きなファンからすれば「これはデスノートじゃないし面白くない」と思うかもしれません。Lのイメージは原作とかなり異なっているように感じましたし、ライトもLほどではありませんが原作とは少し違うキャラクターに思えました。ゴア表現も原作に比べてきつくなっています。個人的にはグロテスクなシーンはデスノートにはいらないと思いました。そしてこの映画尺が1時間40分程度なのですがこの時間設定から何まで全てを説明するは少し無理がある気がしました。Stranger ThingsやBlack Miillerなどのよう1話1時間程度でシリーズ化したほうがもっと細かいところまで見せられたのではないかと思います。

 また脚本家によると

「最初に漫画を読むと、ライトは(極悪犯罪者を葬る)一見正しいようにも描かれている。だが読み進めていくうちに、本当のヒーローはLであることに気づくんだ。彼こそが道徳の指針を持ち、われわれ読者は支持するべきなんだと気付かされるんだよ」と語った。

https://www.cinematoday.jp/news/N0093767

ということらしいですが、この映画で初めてデスノートを知った人はLをヒーローだと思うか個人的には少し疑問を感じるラストでした。アクションよりも知的な駆け引きで魅せるラストであってほしかったですね。続編の可能性もあるとのことですが、仮に作るならもう少し原作に忠実に作ってほしいですね。何度も言っている気がしますが^^

 

個人的評価

 個人的評価は6/10くらいですかね。まぁ漫画やアニメの実写化は原作のイメージ通りに作るのは少し難しいですね。特に今回は日本からアメリカに舞台を移したので余計難しかったのかもしれません。

 

Netflixで見れるおすすめの映画はこちらに書いたのでこちらもぜひ

www.usagi-kame.com

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする